研修(法人向け)

本質系イノベーション研修風景

 

【 人材育成のニューノーマル 】

本質の徹底追及という、常識破りの発想力養成プログラム

本質系イノベーション研修(法人向け)

< 通称:出る杭研修 >

 

企業が続々導入

・普遍的な内容ですので、業種/職種/階層を問いません。
・製造業メインで始まりましたが、サービス業にも拡大しています。

・主にマネジメント研修、リーダー研修として導入されています。導入実績

 

■ 目次

 □ 本質とイノベーション
 □ 研修概要

 

【 研修資料 】

(下方のボタンで本資料をダウンロードできます)

□ 本質とイノベーション

本質とイノベーション

・そもそも、なぜ本質がイノベーションに繋がるのでしょう?

 

実は、世の中は「本質とは何か」が分かっていない

・あなたは「本質とは何か」を答えられますか?
・客観的に決まる本質です。主観的な本質ではダメです。

 

よって、世の中は本質に迫れない

・ビジネスでは顧客に商品価値を提供して対価(お金)を得ますが、世の中は、その商品価値(顧客価値)の本質すら分かっていません。

 

しかし、「本質とは何か」が分かると本質に迫れる

・「本質とは何か」が分かると、対価(お金)の源泉である商品価値の本質が分かるようになります。

 

ゆえに、本質に迫れる人材は「常識破りの発想(本質ベース)」をする

・常識とは、世の中で広く共有されている認識でしかありません。
・多くの常識は、本質ベースではないのです。

 

常識破りの発想(本質ベース)はイノベーションを生む

・オーディオ(audio)の語源は、ラテン語の「audire」(「聴く」という意味)。
・オーディオ機器の本質は「聴く」ための機能、すなわち再生機能です。

 

「本質とイノベーション」をもっと見る
常識破りの発想(本質ベース)は、あらゆる領域でイノベーションを生む

・日本では、まだまだ商品(モノ)のイノベーションが主流。
・商品(サービス)のイノベーションは少ないですね。
・ビジネスモデル、プロセス、組織のイノベーションはもっと少ないでしょう。

 

常識破りの発想(本質ベース)は、アイデア倒れに終わらない

・近年の日本企業では「鶴」も減りました・・・

 

著名な常識破りの発想(本質ベース)

・本質が分かるようになると、著名な常識破りの発想がいかに本質ベースであるかが分かるようになります。
・本質ベースの成功事例から、小手先の知識ではなく、本質的な学びを得られます。

 

商品価値についての「常識破りの発想(本質ベース)」をすると、こんなことも見えてくる

・例えば、青春時代に体験したディズニーリゾートの思い出をいくら楽しんでも追加課金されませんよね?

 

本質に迫れる企業の系譜: ソニーとGAFA

・世界が奇跡と称した大成長を遂げていた頃のソニーでは、本質に迫れる人材を「出る杭」と呼んで大切にしていました。

 

□ 研修概要

本質系イノベーション研修 概要

・研修の概要を見てみましょう。

 

狙い: GAFAを超える

・実は、かつてのソニーが「本質とは何か」を答えられる人だらけだったわけではありません。
・今のGAFAも同様でしょう。
・両者とも、相対的に本質に近いを感覚を持っていた/いるだけなのです。

 

GAFAを超えることはできる(ビジネスモデルの例)

・iPhoneの課金は、iPhoneがなくなったらハイ終わり。
・aiboでは、aibo自体は20万円ほどですが、aiboがなくなってもクラウドサービスによって200万円ほどの生涯課金が可能。
(本物の犬一匹にかかる生涯費用と同等)

 

カリキュラム

・各テーマに沿って、グループでのディスカッションと全体に向けたプレゼンを繰り返します。
・頭の中をスクラップ&ビルドします。
・頭から煙が出ます(受講生の弁)。

 

「研修概要」をもっと見る
導入実績

・普遍的な内容ですので、業種/職種/階層を問いません。
・製造業メインで始まりましたが、サービス業にも拡大しています。
・主にマネジメント研修、リーダー研修として導入されています。

 

受講企業からのフィードバック(ごく一部)

・研修後にイノベーションプロジェクトを立ち上げる企業が増えています。
・悲願であった世界的ヒット商品(=普遍的な商品)を実現するところも出てきています。

 

受講者の声(ごく一部)

・時間が経つほど、受講者のみなさんが共通して「生産性が飛躍的に高まった」「仕事(と人生)が格段に楽しくなった」と実感されることになるようです。

 

よくある質問

・新型コロナウイルスの影響による未曽有の経済悪化が懸念されています。
・企業の生き残りに貢献できる研修だけを実施するよう、お勧めします。

 

諸事項

・本質系イノベーション研修は、ひたすら「考える」研修です。
・オンラインでの実施が効果を減らしてしまうようなことはありません(人によってはオンラインのほうが集中できるようです)。

 

4日間定額コース スケジュール(2020年度)

・このご時世で、ご依頼が増えています。
・早めの日程確保をお勧めします。

 

講師

・講師は「真性・本質オタク」です。

 

日本科学技術連盟版も受講できます(2018年~)

 

参考: 日本能率協会 「Learning Design」 (2018年9月-10月号)でも特集されました

 

参考: 東大も「出る杭研修」に注目

 

研修(法人向け)資料ダウンロード

手軽にお試し体験できます

本質系イノベーション研修(個人向け)

本質の徹底追及という、常識破りの発想力養成プログラム

本質系イノベーション研修
週末オンラインクラス

< 4時間で10,000円(税別)>

通常の法人向け(4時間44,000円)より 75もお得!

・ソクラテス、アインシュタインを超えよう!

本でもイメージが掴めます

イノベーター「出る杭」の本質思考
―GAFAを超える発想法―


(クリックでAmazonサイトへ)

横田宏信 著
出る杭の杜 発行/サンクチュアリ出版 発売
2019年10月1日発売

【Amazon「経営科学」1位】

 

<おすすめポイント>

● かつてのソニー、今のGAFAの奇跡的な成功の本質が見える。
● イノベーションを起こす秘訣が分かる。
● すぐに使える常識破りの発想、仰天アイデア満載。

読者の声
(Amazon評価:『とことん楽しめ』さん)

★★★★★
ビジネスを単なる経済活動としてではなく、社会を形成する我々の精神の活動として独自の視点から描く。
戦略やビジネスモデルという表層的な事象を描く一般的なビジネス書に対し、一段高い所に位置する視座そのものが本質思考の成せる技と思わせる。
GAFAの解説も面白い。 彼らが小手先ではなく顧客をいかにして魅了しているかという考察は、業界と職種を問わずビジネスの現場のあらゆる場所で応用の効く内容だった。
著者はこの一冊の本を通して本来の仕事がいかに楽しく人間的な行いであるかを説く。
論理と情緒の絶妙なバランスの上に成り立つ良書だった。

<目次> クリックで表示

はじめに

第1章 時代は「出る杭」を求めている

・「出る杭」企業、ソニーとGAFA
・「出る杭」は全体最適を重んじる
・「出る杭」な創業者たち
・「出る杭」に会社の壁はない
・「出る杭」は「本質視力10.0」
・「出る杭」はイノベーションを起こす
・「出る杭」が起こすのは「イノベーション2.0」
・「出る杭」は「深く、広く、正しく」考える
・「出る杭」は世界を救う
・日本を救って、世界を救おう

第2章 「出る杭」は深く考える

・顧客にとって良ければすべて良し
・「お客様ごっこ」のB to B
・「顧客体験(CX)」では浅い
・「千年課金」のビジネスモデル
・商品を買わない時代
・市場とは「頭」である
・市場占有率とは「頭の占有率」である
・プラスの価値とマイナスの価値
・そもそもオレが商品だ
・商品づくりより人づくり
・金より理念

第3章 「出る杭」は広く考える

・みんなに見えている商品は狭い ①
・みんなに見えている商品は狭い ②
・日本企業は商品をますます狭くする
・ブランドは一つでいい
・従業員も商品である
・顧客も商品である
・記憶のプラットフォーム
・記憶のマジック
・準ダイレクトモデル
・「夢じゃ食えない」vs「夢じゃなきゃ食えない」

第4章 「出る杭」は正しく考える

・正しさを正しく知る
・論理的でも正しいとは限らない
・想像が論理を活かす
・バリュー・エンジニアリングを疑う
・コスパを疑う
・バリューチェーンを疑う
・マーケティングを疑う
・ミッション経営を疑う
・企業の売買は人身売買?
・無知の知を知る

第5章 だから「出る杭」はこう考える

・会社のために働かない
・「事あれ主義」で行く
・ルール無用 ①
・ルール無用 ②
・ルール無用 ③
・「ほうれんそう」をしない
・神を細部に宿らせない ①
・神を細部に宿らせない ②
・人生を浪費しない
・仕事を楽しめ

おわりに

<著者プロフィール> クリックで表示
應義塾大学経済学部卒業後、ソニー株式会社に勤務。
「出る杭」歓迎であった成長期のソニーの中でもひときわ「出る杭」ぶりを発揮。
自らの企画を勝手に推進、世界に先駆け、ソニーでも初のSCM革新を成功させた。

ソニー退職後は、大手グローバルコンサルティングファームの要職を歴任。
米PwCではシニアディレクター、仏CGE&Yではコンサルの頂点、ヴァイスプレジデントに就任。

2004年にソスピック株式会社を設立、本質に忠実なコンサル活動を推進。

イノベーションを起こす、常識破りの発想力養成プログラム「本質系イノベーション研修」
(通称:出る杭研修)が企業・学術機関・行政機関などから注目を浴びている。

こちらも注目

コンサルティング

徹底的な本質思考でイノベーションを創出

本質系イノベーション・コンサルティング

< 狙い: GAFAを超える >

※ オンラインでも実施できます

講演

15年のロングヒット講演

「出る杭を育てる時代」

< 講演一発で意識改革 >

※ オンラインでも実施できます

Amazon Kindle総合1位ベストセラー

ソニーの復活に繋がった提言満載
『ソニーをダメにした「普通」という病』

その著者、弊社代表・横田が講師を務めます

日科技連でも出る杭研修を実施してます

「日科技連 本質が起こすイノベーション2.0セミナー」

「本質とは何か?」と問われて答えに詰まらない人は、まずいません。
つまり、ほとんどの人は、商品価値、商品、仕事、企業などの本質をわからないまま、日々ビジネスをしています(気づいていませんが)。
ですから、本質がわかる人は、ほとんどの人にはないダントツの仕事力を持つ「出る杭」となります。
本セミナーでは、本質を徹底的に考え抜かせることで、本質がわかる希少で有為な「出る杭」人材を育てます。

●本質を見極める力が身につきます。
●本質ベースの発想力が養われます。
●本質ベースの発想は常識破りなものになりますので、イノベーションに繋がります。
●徹頭徹尾、論理的に考え抜かせるので、論理的思考力も高まります。
●本質を見極める力は、AI 時代に生き残るための究極の武器ともなります。