研修

本質系イノベーション研修風景

大手メディアで記事ランキング1位連発
すべての企業研修・社員研修の基盤

本質の徹底追及という発想力養成プログラム

本質系イノベーション研修

< 通称:出る杭研修 >

 

注目度

大手メディアが注目
記事ランキング1位連発

日本経済新聞(2014年)
(日経×TECHにも掲載)

・ 日経×TECH(2015年)
(関連コラムがランキング1位を15回連発、月間総合ランキングでも1位)

マイナビニュース(2015年)
(人事・総務ランキング1位)

日経ものづくり(2016年)
(関連コラムが2年連続長期連載)

・ダイヤモンドオンライン(2017年)
(関連コラムがトップ記事に)

・日経×TECH(2018年)
(関連コラムがランキング1位)

実績

大手・中小企業が続々導入

トヨタ自動車株式会社
パナソニック株式会社
オリンパス株式会社
パイオニア株式会社
三菱日立パワーシステムズ株式会社
富士電機株式会社
株式会社 デンソー
株式会社 ジャパンディスプレイ
株式会社 村田製作所
株式会社 テクノプロ
株式会社 朝日広告社
株式会社 北日本銀行

など多数

受講生の声

こんな研修が他にありますか?

多くの企業で、受講の待ち行列ができています。

受講生の声

講師

本質オタクな一流経営コンサルタント

講師は、本質という深い話にもかかわらず、受講者からのあらゆる投げかけに応え切ります。

 

中でも主力講師は、Amazon Kindleで総合ランキング1位を獲得した経営コンサルタントです。

※他にも、例えば下記のランキング1位を獲得しています。
・Apple iBooks:ビジネス/マネーランキング
・Sony Reader:ビジネス/経済ランキング
・楽天kobo:ビジネス/経済ランキング

彼の動画をご覧ください。
シリーズ再生4万回以上の動画です。

どんな感じのテーマを扱う研修なのか、短時間でつかんでいただけます。

(この動画は1分43秒です)

アプローチ

頭から煙が出ます

・本質を求めて「深く・広く・正しく」考えさせます。
・「徹底的な討論とプレゼン」の中で考えさせます。
・結果、頭の中を「スクラップ&ビルド」します。

研修のアプローチ

テーマ

例えば「本質とは何か?」

「本質とは何か」が分からなければ、物事を本質ベースで考えることはできませんよね?

実は、殆どの人は「本質とは何か」が分かりません。
古代ギリシャ時代以来、「本質とは何か」は人類の謎でした。

殆どの人は、本質ベースで物事を考えることができないのです。

研修のテーマ

効果

ケタ違いの発想力が養成されます

ですから、「本質とは何か」が分かり、本質ベースで考えると、人とは違う、いわゆる非常識だけど正しい発想ができるようになります。

例えば、かつてのソニーのウォークマンは、そうした発想から生まれました。ソニーのウォークマン

ウォークマンは、本質的な価値をアップするため、録音機能も再生機能もあるのが常識だったオーディオ機器から録音機能を削ってしまうという、非常識だけど正しい発想から生まれた商品です。

まさにケタ違いの発想ですね。

ケタ違いの発想力

だからイノベーションに繋がります

そして、ウォークマンは、音楽をいつでもどこでも自由に楽しめるようにするというイノベーションを起こしました。

このように、本質ベースのケタ違いの発想は、イノベーションに繋がります。

つまり、本質を徹底追及する本研修は、イノベーションに繋がる研修なのです。

イノベーションに繋がる研修

さらに
すべての研修効果を最大化します

本質は、ケタ違いの発想を与えてくれるだけではありません。
言うまでもなく、そもそも本質は、すべての認識の基盤です。

ところが、例外を除けば、人は「本質とは何か」が分かりませんから、すべての研修は、本質という基盤を欠いたものになっています。

そして、どのような研修の効果であれ、本質という基盤を補ってあげることで、最大化します。

企業は、本研修の導入によって、過去・現在・将来にわたり、すべての教育の費用対効果を最大化させることができるというわけです。

すべての研修効果を最大化させる研修

現実に
変革を起こしまくっています
その一部はもうイノベーションです

既に本研修を導入した企業から、改善レベルではなく、変革レベルの研修効果を多数フィードバックいただいています。

本研修は、変革を起こしまくっているのです。

その内の一部は、もう変革レベルを超えたイノベーション(革新)レベルです。

変革を起こしまくる研修

要するに
本研修は、企業研修・社員研修のイノベーションなのです

研修のイノベーションである研修

対象

論理的思考(ロジカルシンキング)研修
問題発見研修・問題解決研修
としても超一級

徹頭徹尾、論理的に進めますので、論理的思考(ロジカルシンキング)研修としても超一級です。

また、本質ベースの発想で問題と向き合っていただきますので、問題発見研修・問題解決研修としても超一級です。

問題解決研修としても超一級の研修

すべてのビジネスパーソンにマッチ

以上のことを踏まえますと、対象を絞る理由がありません。
すべてのビジネスパーソンにおすすめします。

・経営者(役員)研修
・マネジメント研修
・リーダー研修
・中堅研修
・若手研修
など、すべての階層別研修、それらの基盤研修として、ケタ違いに有用です。

研修のコース

・フル版:月曜日×5回 または 金曜日×5回
・深く版:水曜日×2回
・価値三昧版:水曜日×1回

※場所、スケジュールの詳細はお問合せください。

日科技連でも実施しています

「日科技連 出る杭セミナー」

研修資料

即時、メールで資料をお送りします。

お問合せ

研修のご依頼、お問合せはこちらから。

人気セミナー、またまた開催します

「パイオニアの挑戦」
~「出る杭」たちのイノベーション ~

「パイオニアは復活するか?」

◆世界の注目を浴び技術の現場に生まれたプロジェクト
◆メンバー全員が「出る杭研修」受講生
◆イノベーションにチャレンジ中
◆その活動を「出る杭研修」の中身と共にご紹介!

開催日時:
2018/12/21(金) 15:00 ~ 17:10(受付14:30~)

会場:
貸し会議室「AP西新宿」

主催者:
ソスピック株式会社

受講料:
無料

「日本の人事部」サイトでも告知しています

日科技連でも出る杭研修を実施してます

「日科技連 出る杭セミナー」

「本質とは何か?」と問われて答えに詰まらない人は、まずいません。
つまり、ほとんどの人は、商品価値、商品、仕事、企業などの本質をわからないまま、日々ビジネスをしています(気づいていませんが)。
ですから、本質がわかる人は、ほとんどの人にはないダントツの仕事力を持つ「出る杭」となります。
本セミナーでは、本質を徹底的に考え抜かせることで、本質がわかる希少で有為な「出る杭」人材を育てます。

●本質を見極める力が身につきます。
●本質ベースの発想力が養われます。
●本質ベースの発想は常識破りなものになりますので、イノベーションに繋がります。
●徹頭徹尾、論理的に考え抜かせるので、論理的思考力も高まります。
●本質を見極める力は、AI 時代に生き残るための究極の武器ともなります。

日経×TECHで連載中

「出る杭、本質で世相を斬る」

古今東西、人々は「本質」から離れ偶有性という名の「本質ではない何か」に振り回され続けて生きている。

そんな世の常にあらがって、真性の「本質オタク」であるがゆえにコンサル業界の出る杭となった著者が、世の中を少しでも本質に近づけようと、偶有性まみれの世相を本質で斬りまくる!

(連載趣旨より)